今日は大雨による警報で一日学校が休校となりました。

そんな中、突然連絡が入った

市内育成センター指導員のコロナ感染の情報。

 

記者発表資料です↓

https://www.nishi.or.jp/kurashi/anshin/infomation/k_000112444.files/Kiji0708.pdf

 

当該学校の保護者の方からは

「全校児童にPCR検査をうけさせてもらえないのか?」

「育成に行っているが、子どもが濃厚接触者にあたるのかわからない」

「子どもが育成に行っているが、保護者は仕事に普通に行っても良いのか?」

などのご相談が入っております。

 

情報が少ないなか

在宅で待機するしんどさは

この休校期間中いやというほど味わってきましたが

今度はすぐ近くに

感染リスクが見えている中

情報が入ってこないことに対しての不安はとても大きいと思います。

 

頂いた主に3点に関しての質問に対して

対象になる方も多いと思いますので情報発信させていただきます。

 

1点目「全校生徒へのPCR検査の実施について」

この必要性に関しては、

育成の指導員と濃厚接触者となっている児童へのPCR検査をした後、

その結果をもってそれ以後の検査の有無などについてはお知らせする。

ということになるようです。

濃厚接触者となった子たちが陽性でなければ、

多分他の児童は検査はしないのではないかということです。

このことに関しては、

学校からさらに詳細な情報発信があると思います。

 

2点目「育成センターに子どもが通っているが濃厚接触者かどうかはいつわかるのか?」

現時点で、濃厚接触者の定義にあたる児童はいないという認識のようです。

(育成センターの運営で感染症対策を実施しており指導員がマスク着用や手指消毒など実施しているので…)

ただ、念のため当該指導員が在室していた時間帯に同じ場所にいた児童に関しては、

PCR検査を実施することで現在子ども支援局と調整を進めていると聞いています。

検査対象者には明日以降なるべく早く連絡できるように準備を進めているということです。

 

3点目「育成に行っている子どもがいるが保護者は仕事に行っても良いのか?」

定義上で考えれば、濃厚接触者ではない児童の家族なので仕事に行くのは問題ない。

現時点で、症状などなければ、もしも感染していたとしても感染させるリスクは低い。

仕事に行かれる場合は、一般的な感染対策(マスク、消毒)をしていれば通常の生活をしてくださいということでした。

 

以上のように聞いています。

もしも不安がまだ個々にあるような場合は

保健所が対応していますので

そちらにご連絡していただければと思います。

 

保健所相談窓口↓

https://www.nishi.or.jp/kurashi/anshin/infomation/k_000120200.html